ホーム > BALDO 568-G IRON / 568-S IRON 568-WEDGE のご紹介!!

BALDO 568-G IRON / 568-S IRON 568-WEDGE のご紹介!!

2016年01月18日(月)2:23 午後

 

 

今回は、BALDO コンペチオーネ  568Gアイアン 568Sアイアン 及び、568W(ウェッジ)のご紹介です。

 

コンペチオーネーアイアン ブログ1

 

左から、568Gアイアン 568Sアイアン 568Wウェッジとなります!!

 

コンペチオーネーアイアン ブログ4

 

 

写真-左  COMPETIZIONE 568 G

懐の広い安心感と、ボールを包み込むセミグースネック形状です!!

■S20C軟鉄精密鋳鍛造製法(コンプレッション フォージド)

■フェース面:ダブルミーリング加工 スコアライン:精密CNCスコアライン加工 ニッケルクロムサテン仕上げ

568G 7番 IRON (ロフト角/31°   ライ角/62.0°)には、

グラファイトデザイン TOUR-AD アイアン専用 AD-75 (R) を装着してみました!!!

SPEC: 長さ/37.0in   総重量/400g    バランス/D1.8    シャフト振動数:303cpm  スパイン調整ST加工にて

 

 

写真-中央  COMPETIZIONE 568 S

シャープなプロモデル形状+ラウンドソールで強弾道を生み出します!!

■S20C軟鉄精密鋳鍛造製法(コンプレッション フォージド)

■フェース面:ダブルミーリング加工 スコアライン:精密CNCスコアライン加工 ニッケルクロムサテン仕上げ

568S 7番  IRON  (ロフト角/32° ライ角/61.5°)には、

N.S.PRO MODUS(モーダス)TOUR-105 (R) を装着してみました!!!

SPEC: 長さ/37.1in    総重量/419g    バランス/D1.5    シャフト振動数:314cpm  スパイン調整ST加工にて

 

 

写真-右 COMPETIZIONE 568 W(ウェッジ)

スピン性能を追求+最適重心位置設計のバックフェース ミーリング加工でやさしく止める!!

■S20C軟鉄精密鋳鍛造製法(コンプレッション フォージド)

■フェース面:ダブルミーリング加工 スコアライン:精密CNCスコアライン加工 ニッケルクロムサテン仕上げ

568W WEDGE (ロフト角/56° バンス角/12) には、

グラファイトデザイン TOUR-AD アイアン専用 AD-85(R)を装着してみました!!

SPEC: 長さ/35.5in    総重量/438g    バランス/D4.0    シャフト振動数:320cpm  スパイン調整ST加工にて

 

 

 

COMPETIZIONE 568 3シリーズ どれも構えやすく美しい仕上がりとなっています!フェース面のダブルミーリング加工

で吸い付くようなスピン性能+バックフェイス面のミーリングも高級感があり、打感も非常に良いと思いました!! 

 

 

 

 

この機会に是非、マッチングとST加工+568 3タイプの比較 及び、打ち比べてみて頂けますと幸いです!!!

 

 

 

 

 

 

 

宜しくお願いいたします。

 

 

 

 



«   |   »

過去の記事

定休日&営業日程




合同会社 STAMSER GOLF
モバイルサイト